« 初雪 | トップページ | 春を待つ受験生のみなさんへ »

2007年3月17日 (土)

さくら

今年は桜の開花が例年より早くなるという予報で、桜にちなんだお菓子やお花見弁当がずいぶん早くから店頭をにぎわしていますね。

そんな中、最初の予報は気象庁のまちがいだったとの報道。桜祭りや桜をあてにしたツアーやお店では困っているところもあるようですが、早くから桜を待つ気分が高まって、花が開く前から桜の香りがして、なんだか今年は得したみたい…と思うのは、のんきなわたしくらいかしら?

さくらはほんの少しの間しかその花を楽しめないのに、待ち遠しく、切なく、華やかで、やさしくて、清らかで、心に強い印象を残す花ですね。

みなさんはどんな思い出がありますか?

そして、今年はどんな思いで桜を見上げるのでしょう。

H1938_079

(桜の開花はまだですが、ホテルのロビーに飾られた桜は満開でした。)

|

« 初雪 | トップページ | 春を待つ受験生のみなさんへ »